ガレージハウスを建てる際のポイントは?実際の事例やおすすめの会社まで紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「ガレージハウスを建てるには何を意識したらいいの?」
「ガレージハウスの事例を知りたい!」

ガレージハウスとは、車を停めておくためのガレージを組み込んで建てた家のことです。家の一部になっているガレージ部分は、ビルトインガレージやインナーガレージとも呼ばれています。

ガレージハウスは、車を雨風から守れたり、雨天時の車の乗り降りが快適になったりと多くのメリットがあります。また、最近では車を停めるだけでなく、趣味を楽しむスペースとしても人気を集めています。

ガレージハウスを建てれば、日々の生活がより豊かになることでしょう。しかし、ガレージハウスを建てる際には気をつけるべきこともあります。

そこで本記事では、ガレージハウスの施工事例から建てる際のポイントについて解説します。ガレージハウスを建てて後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

また以下の記事ではガレージハウスの家以外の別の住宅スタイルに関して解説しています。他のスタイルの家について気になる方は以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

目次

ガレージハウスの施工事例5選

さっそく、ガレージハウスの施工事例をみていきましょう。今回紹介するのは以下の5つの事例です。

それぞれ以下で解説するため、ガレージハウスを建てる際の参考にしてください。

インナーガレージのあるレトロモダンな家

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

グレーの塗壁と、銀黒のガルバリウムが印象的な外観の住宅です。玄関前にはコンクリートの壁を立て、道路側からの視線をさりげなく遮りながらデザイン性を高めています。

ガレージは玄関からのアクセスの良さを考えたつくりに。暑さや寒さから愛車と家族を守ってくれる場所であり、車のメンテナンスやタイヤ交換時にも大活躍です。

また、洗濯物が干せるように、物干し金物を設置しています。

シェアハウス風のインナーガレージ付き平屋

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

19m以上続くシックなブルーの壁に、片流れ屋根が印象的な平屋住宅です。木目調の玄関扉がおしゃれなアクセントになっています。

玄関と反対側には1台分のインナーガレージを設置。中には専用玄関があるため、お出かけしたり、雨の日に買い物に出かけたりする時にとても便利です。

また、ガレージ内には広い外部収納があり、スペアタイヤ、アウトドアグッズなどの収納もできます。

インナーガレージのあるスタイリッシュな家

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

ブラックを基調とした外壁に、木の質感がおしゃれで、どこか和の雰囲気を感じさせる外観の住宅です。夜はエクステリアライトで照らし出され、よりおしゃれな雰囲気を漂わせています。

インナーガレージは、車1台を停めてもゆとりがある設計に。外観とうまく調和しており、インナーガレージが余裕を感じさせる佇まいになっています。

軽量鉄骨造ガレージハウス

出典元:東京ガレージ
出典元:東京ガレージ
出典元:東京ガレージ

ブラウンで統一された外観の住宅です。鉄骨造の住宅となっており、高い耐久性と耐震性を持っています。

ガレージは大型車も入るゆとりある空間に。自転車やメンテナンス用品も置ける広々としたスペースになっています。

また、カウンターキッチンからはガラス越しに愛車を眺められるデザインに。車好きにはたまらないデザインの住まいです。

並列2台で停められるガレージハウス

出典元:東京ガレージ
出典元:東京ガレージ
出典元:東京ガレージ

大開口のガレージが印象的な箱型のシンプルな住宅です。ガレージはシャッター開口幅5.26mで、2台を並列に並べられる設計にしています。

広々としたスペースになっており、趣味などを楽しむスペースとしても使用可能です。ガレージ内には専用玄関もあるため、移動も簡単です。

ガレージハウスを建てる際のポイント

ここでは、ガレージハウスを建てる際のポイントを紹介します。意識すべきポイントは以下の3つです。

それぞれ以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

高耐震・高耐久の住まいにする

1つ目のポイントは、高耐震・高耐久の住まいにすることです。ガレージハウスを建てる際には、車が通る大きな開口部と停めた後にドアを開け閉めして人が出入りするためのスペースが必要になります。

大開口を設ける際には、住まいの耐震性が下がる可能性があるため、設計の段階から耐震性には気をつけるようにしましょう。特に最近は地震の規模や回数が増加傾向にあるため、車だけでなく家を守るためにも高耐震・高耐久の住まいにすることが大切です。

騒音対策をしっかりとする

2つ目のポイントは、騒音対策をしっかりとすることです。ガレージにシャッターを設置した場合、シャッターの種類によっては音が近隣に響きやすくなる可能性があります。

特に深夜や早朝に車が出入りする場合は、シャッター音が騒音となりご近所トラブルに発展する恐れもあるため注意が必要です。また、ガレージ内の音や振動が住まいに響くこともあります。

防音効果のある部材を採用したり、ガレージ付近に寝室を設けないなどの工夫を取り入れるようにしましょう。

車の買い替えを考慮した上で広さを決める

3つ目のポイントは、車の買い替えを考慮した上で広さを決めることです。車は一定期間で買い替えるもののため、今後の車の買い替えも視野に入れた上でガレージの広さを決める必要があります。

敷地面積に余裕がないと、今乗っている車のサイズに合わせてガレージを設計してしまいがちです。しかし、買い替えのことを考慮しないと、買い替えた車によってガレージが狭くなる可能性があるため注意しましょう。

ガレージの広さは、駐車スペース1台分なら約5坪、2台分なら約10坪ほどが一般的です。収納スペースも含めて広さを考えましょう。

会社選びの際には比較をしよう

会社選びの際には比較をしましょう。なぜなら、住宅会社によって得意としているデザインや住宅性能が異なるためです。

先ほども解説したように、ガレージハウスを建てる際には住まいの耐久性や耐震性が重要になります。会社によって耐久性や耐震性に対する取り組みが異なるため、少なくとも3社以上は比較することがおすすめです。

ガレージハウスを建てたい旨を伝え、デザイン面と性能面であなたに最適なプランを提案してくれた会社に依頼しましょう。

ガレージハウスを建てるなら森住建がおすすめ

出典元:森住建
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社森住建
所在地岐阜県岐阜市薮田南5-6-3
設立年月日1887年創業
施行エリア岐阜市近郊、西濃エリア
公式サイトhttps://www.mori-juken.jp/

ガレージハウスを建てるなら森住建がおすすめです。森住建は創業125年を超える歴史ある工務店で、岐阜県を中心に家づくりに取り組んでいます。

『愛する家族を、守る家。』をコンセプトに高性能かつハイデザインの住まいを提供し、人気を集めている工務店です。森住建は全棟が長期優良住宅に対応していたり、高耐震のSE構法を標準仕様にしているなど、高性能な家づくりをしています。

耐震性と耐久性が必要なガレージハウスに適した住宅性能を持っている会社と言えるでしょう。興味のある方は一度相談してみましょう。

まとめ

本記事では、ガレージハウスの施工事例から建てる際のポイントについて解説しました。ガレージハウスは、車を雨風から守ったり、雨天時の車の乗り降りを快適にできたりと多くのメリットがあります。

これから建てる住まいにガレージハウスの導入を検討している方は、ぜひ取り入れてみましょう。ガレージハウスを取り入れる際には本記事で解説したポイントを踏まえて、設計プランを立ててみてください。

本記事があなたのお役に立てることを願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次