ビルトインガレージの平屋を建てる際のポイントは?実際の事例やおすすめの会社まで紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「ビルトインガレージの平屋建てるには何を意識したらいいの?」
「ビルトインガレージの平屋の事例を知りたい!」

ビルトインガレージとは、住宅の1階部分に組み込まれるクローズドタイプのガレージのことです。車やバイク好きの方はもちろん、家族のプライベート空間にも使えると多くの人気を集めています。

最近では、平屋にもビルトインガレージを採用する方が増えてきています。ビルトインガレージは、住まいの外観をおしゃれにできたり、車をキズや汚れから守れたりとメリットも多いです。

しかし、ビルトインガレージは本来2階建て以上の住宅に採用されるデザインになります。そのため、平屋に取り入れる際には、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

そこで本記事では、ビルトインガレージの平屋の施工事例から建てる際のポイントについて解説します。ビルトインガレージの平屋を建てて後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

また以下の記事では、ビルトインガレージの平屋以外にも、別のスタイルの家に関して解説をしています。これから住宅を建てようと検討している方は、別のスタイルの家を調べる際に、以下の記事も合わせて活用してみてください。

目次

ビルトインガレージの平屋の施工事例5選

さっそく、ビルトインガレージの平屋の施工事例をみていきましょう。今回紹介するのは以下の5つの事例です。

それぞれ以下で解説するため、ビルトインガレージの平屋を建てる際の参考にしてください。

シェアハウス風の平屋

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

ブルーの外壁がおしゃれな外観の住宅です。木製のドアがおしゃれなアクセントになっています。

玄関の裏手側に1台分のビルトインガレージを用意しています。中には専用玄関をつくっており、雨の日に買い物に出かけたりする時にとても便利です。

また、ガレージ内には広い外部収納があり、スペアタイヤやアウトドアグッズなどの収納もできます。使い勝手の良さを考慮した住宅です。

四季のうつろいを感じながら暮らす上質な平屋

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

平屋とは思えない立体感のある外観の住宅です。高低差を活かしたビルトインガレージを設けることで立体感を演出しています。

ビルトインガレージは2台分のスペースを設けています。玄関まで屋根が続いているため、雨の日でも濡れることなく家に入ることが可能です。

また、この住まいはビルトインガレージによって居住スペースが狭くならないようにロフトを設けています。

性能とコストバランスの良い家

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

ビルトインガレージのシャッターに木目を採用しているおしゃれな外観の住宅です。この住まいは、ガレージを2つ設けています。

ビルトインガレージは車とバイクが入っても余裕のある広々としたスペースに。天候に左右されることなく、大切な愛車の手入れや趣味を楽しめます。また、ビルトインガレージから玄関へ直結できるため、行き来もスムーズです。

心穏やかな静寂へと誘う平屋の邸宅

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

シャープな外観に、和の情緒を漂わせる格子戸が印象的な住宅です。塗壁をアクセントに取り入れ、高級感のある雰囲気を漂わせています。

ビルトインガレージはデザイン性を考慮し、あえて天井を低くした設計に。2台分の車が停められるようになっています。機能性とデザインを両立させた魅力的な住宅です。

塗り壁や無垢材を活かした和モダンな平屋

出典元:SUUMO
出典元:SUUMO
出典元:SUUMO

大きな片流れ屋根と木の格子が印象的な外観の住宅です。玄関前に目隠しの格子を設けることで、和モダンな雰囲気をプラスしています。

ビルトインガレージは住まいの裏手側に用意。2台分の車が停められるようになっています。片流れ屋根の形状をうまく活かしたガレージです。また、ガレージから直接玄関へ入れるように、動線もしっかりと考えられています。

ビルトインガレージの平屋を建てる際のポイント

ここでは、ビルトインガレージの平屋を建てる際のポイントを紹介します。意識すべきポイントは以下の3つです。

それぞれ以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

車の買い替えを考慮した上で広さを決める

1つ目のポイントは、車の買い替えを考慮した上で広さを決めることです。車は一定期間で買い替えるもののため、今後の車の買い替えも視野に入れた上でビルトインガレージの広さを決める必要があります。

敷地面積に余裕がないと、今乗っている車のサイズに合わせてビルトインガレージを設計してしまいがちです。しかし、買い替えのことを考慮しないと、快適なビルトインガレージが狭くなる可能性があるため注意しましょう。

ビルトインガレージの広さは、駐車スペース1台分なら約5坪、2台分なら約10坪ほどが一般的です。収納スペースも含めて広さを考えましょう。

ガレージから家までの動線を考慮する

2つ目のポイントは、ガレージから家までの動線を考慮することです。ビルトインガレージを作る最大のメリットは、駐車スペースから家までの動線がコンパクトなところにあります。

そのため、設計の際にはビルトインガレージと玄関の位置関係を意識しましょう。雨の日に濡れない動線設計や、車から降りた後の動線を意識するのがポイントです。

ガレージから家までの動線が悪いと、車に乗るたびにストレスを感じてしまいます。ビルトインガレージを作ったことに後悔しないように、動線設計は慎重に行いましょう。

間取りとガレージのバランスを考える

3つ目のポイントは、間取りとガレージのバランスを考えることです。平屋の場合、ワンフロアで全てが完結するため、間取りとガレージのバランスが非常に重要になります。

寝室や子ども部屋は、音対策も兼ねてガレージと離すことがおすすめです。ビルトインガレージの広さやデザインだけでなく、建てた後の暮らしやすさまで考えて設計しましょう。

また、設計の際には、ビルドインガレージの場所を確保してから間取りを考えることが重要です。なぜなら、ビルトインガレージに必要な最低限の広さが決まっているためです。

先に間取りを決めてしまい、あとでガレージ分の広さがないことに気づくと初めから考え直さないといけません。そのため、設計の際にはビルトインガレージから決めるようにしましょう。

会社選びの際には比較をしよう

会社選びの際には比較をしましょう。なぜなら、住宅会社が得意としているデザインが会社によって異なるためです。

あなたの理想としているビルトインガレージの平屋を叶えてくれる会社を見つけるためにも、最低でも3社以上は比較しましょう。また、比較の際には完成見学会に足を運ぶことがおすすめです。

完成見学会は実際に誰かが暮らす家を見学できるため、会社のデザイン性や技術力を知る絶好の機会になります。あとで会社選びに失敗したと後悔しないように、完成見学会には積極的に参加しましょう。

ビルトインガレージの平屋を建てるなら森住建がおすすめ

出典元:森住建
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社森住建
所在地岐阜県岐阜市薮田南5-6-3
設立年月日1887年創業
施行エリア岐阜市近郊、西濃エリア
公式サイトhttps://www.mori-juken.jp/

ビルトインガレージの平屋を建てるなら森住建がおすすめです。森住建は創業125年を超える歴史ある工務店で、岐阜県を中心に家づくりに取り組んでいます。

100人いたら100通りの幸せが育つ家づくりを大切にしており、顧客の利益を第一に考えたサービスを提供している会社です。設計の際には、2級建築士以上の資格を持った設計士がサポートしてくれるため安心して依頼できます。

また、全棟が長期優良住宅に対応しており、住宅性能も申し分ありません。興味のある方は気軽に問い合わせてみましょう。

まとめ

本記事では、ビルトインガレージの平屋の施工事例から建てる際のポイントについて解説しました。ビルトインガレージは、車を汚れや傷から守るだけでなく、住まいの外観をおしゃれにしてくれるメリットがあります。

また、家族のプライベート空間としての役割も担うため、ビルトインガレージを検討している方はぜひ取り入れてみましょう。ビルトインガレージを取り入れる際には、本記事で解説した内容を踏まえて設計してみてください。

本記事があなたのお役に立てることを願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次