カリフォルニアスタイルの家を建てる際のポイントは?実際の事例まで紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。

「カリフォルニアスタイルの家を建てるには何を意識したらいいの?」
「カリフォルニアスタイルの家の事例を知りたい!」

カリフォルニアスタイルの家とは、アメリカの西海岸を発祥とするインテリアスタイルのことです。ヤシ系の観葉植物やカバードポーチ、無垢材を使用して作り上げるおしゃれなデザインは多くの人気を集めています。

開放感のある家にしたかったり、おしゃれな家にしたい方の中には、カリフォルニアスタイルを検討している方もいることでしょう。カリフォルニアスタイルの家を建てるには、漠然としたイメージだけでなく、しっかりと重要なポイントを押さえておくことが大切です。

そこで本記事では、カリフォルニアスタイルの家の施工事例から建てる際のポイントについて解説します。カリフォルニアスタイルの家を建てて後悔しないために、ぜひ参考にしてください。

目次

カリフォルニアスタイルの家の施工事例5選

さっそく、カリフォルニアスタイルの家の施工事例をみていきましょう。今回紹介するのは以下の5つの事例です。

それぞれ以下で詳しく解説するため、カリフォルニアスタイルの家を建てる際に参考にしてください。

アウトドアリビングを楽しむカリフォルニアスタイルの平屋

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

広いパーキングに花ブロックで仕切られた広い庭が印象的な平屋住宅です。イエローのドアがブルーを基調とした屋根と外壁にうまく調和しています。

リビングは梁見せ天井の開放感のある空間に。床にはナラのヘリンボーン柄を採用しています。

また、リビングの白い内壁は塗装を工夫することでヴィンテージ感を演出。カリフォルニアスタイルをうまく表現している住宅です。

家事ラク動線が魅力のヴィンテージ×カリフォルニアスタイルの家

出典元:森住建
出典元:森住建
出典元:森住建

モスグリーンの金属サイディングに木目がおしゃれなアクセントになっている外観の住宅です。ウッドデッキには屋久島地杉を採用し、メンテナンスや経年劣化を楽しめるようにしています。

玄関スペースは収納をたっぷり用意した使いやすいデザインに。バナナリーフカラーの内壁がおしゃれなアクセントになっています。

LDKは落ち着いたシンプルなデザインに。キッチンの床材を変えたり、天井を板張りにするなどの随所にこだわりを取り入れています。

楽しいが詰まったカラフル可愛いアメリカンハウス

花ブロックとヤシの木がアメリカの西海岸を連想させる、カラフルで可愛らしい外観の住宅です。

LDKは吹き抜けを採用することで開放感のある空間に。内装とインテリアをホワイトでまとめることで、統一感のあるおしゃれな空間になっています。

LDKの大開口の窓をあけると、カバードポーチまでフラットに広がる大空間ができあがります。開放感を追求した、心も身体もくつろげる住まいです。

カリフォルニアドリーミングを叶えたおうち

シンプルな外観の中に、植栽やカバードポーチ、ヴィンテージ感のある玄関ドアをうまく使ってカリフォルニアスタイルを追求した住宅です。

LDKは落ち着いた優しい雰囲気を感じられるデザインに。テレビ背面のヘリンボーンを用いた内壁や、ドア、LDK入り口の時計など、随所に家主のこだわりを取り入れています。

また、雲梯があるのもこだわりのポイント。床や壁には自然素材を使用しており、健康面にも配慮された住宅です。

アメリカンカントリースタイルの平屋

「古き良きアメリカ」を思わせる白いラップサイディングを採用した外観の住宅です。マリンブルーのドアがおしゃれなアクセントになっています。

LDKは床や照明を工夫することで、ヴィンテージ感あふれる空間に。薪ストーブが存在感を放ちます。

また、インテリアはホワイトでまとめることで、カリフォルニアスタイルを追求。まるでアメリカにいるかのような気持ちにさせてくれる住まいです。

カリフォルニアスタイルの家を建てる際のポイント

ここからはカリフォルニアスタイルの家を建てる際のポイントを見ていきましょう。意識すべきポイントは以下の3つです。

それぞれ以下で詳しく解説するため、ぜひ参考にしてください。

開放感を追求する

1つ目のポイントは、開放感を追求することです。カリフォルニアスタイルは、別名「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」と呼ばれています。

まるで西海岸のビーチ近くに住んでいるような、解放感のある空間づくりを目指すのがポイントです。吹き抜けを採用したり、大開口の窓を設けるなどして、開放感を追求してみましょう。

また、部屋に物が多すぎると窮屈に感じてしまうため、収納にも配慮することが重要です。玄関スペースにシューズクロークを設けたり、廊下のスペースをうまく活用してみましょう。

ヴィンテージ感のある木材を使用する

2つ目のポイントは、ヴィンテージ感のある木材を使用することです。カリフォルニアスタイルは、ナチュラルなヴィンテージ感が特徴であり、ヴィンテージ感のある木材を使うことで一気に雰囲気が変わります。

ツヤのあるフローリングよりも、素材感があって、使い込まれた感じのする木材を使用することがおすすめです。また、床や壁にヘリンボーンのような柄を採用することも、効果的な方法になります。

インテリアには青や白を使用する

3つ目のポイントは、インテリアには青や白を使用することです。カリフォルニアスタイルは、「西海岸スタイル」や「ビーチスタイル」と呼ばれているように、青や白がイメージカラーになります。

そのため、インテリアは青や白をメインにまとめることがおすすめです。青や白は爽やかな存在感がありながら、主張し過ぎない色とされています。

カリフォルニアスタイルの家に使用される木材との相性も抜群であり、よりおしゃれな住まいを実現できます。

会社選びの際には比較をしよう

会社選びの際には比較をしましょう。なぜなら、カリフォルニアスタイルの家を建てられる住宅会社の中でも、デザインに違いがあるためです。

あなたのイメージしているカリフォルニアスタイルを実現できる会社がどこなのか見極めるためにも、3社以上を比較することが重要です。また、デザイン性だけでなく、住宅性能も見ておく必要があります。

デザインが良くても、性能が低ければ住みづらい家となり、のちに後悔してしまいます。デザイン性と性能面をどちらも見た上で、依頼する会社を決めるようにしましょう。

カリフォルニアスタイルの家を建てるなら森住建がおすすめ

出典元:森住建
スクロールできます
項目詳細
会社名株式会社森住建
所在地岐阜県岐阜市薮田南5-6-3
設立年月日1887年創業
施行エリア岐阜市近郊、西濃エリア
公式サイトhttps://www.mori-juken.jp/

カリフォルニアスタイルの家を建てるなら森住建がおすすめです。森住建は創業125年を超える歴史ある工務店で、岐阜県西濃地区を中心に家づくりに取り組んでいます。

『愛する家族を、守る家。』をコンセプトに、高性能かつハイデザインの住まいを提供して人気を集めている会社です。また、パッシブデザインを採用しており、地域の特性を活かした住まいを建てられます。

デザイン性と高い性能を備えたカリフォルニアスタイルの家を建てることが可能です。興味のある方は気軽に相談してみましょう。

まとめ

本記事では、カリフォルニアスタイルの家の施工事例から建てる際のポイントについて解説しました。カリフォルニアスタイルの家は、日常に開放感とくつろぎを与えてくれる非常に魅力的なものです。

実力と信頼のある会社に依頼できれば、快適でおしゃれな住まいを実現できるでしょう。カリフォルニアスタイルの家を建てる際には、本記事で紹介したポイントを活かして設計プランを立ててみてください。

本記事があなたのお役に立てることを願っております。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次